ナビゲーションリンクをスキップ
|サイトマップ|
GIS関東のトップページへリンク
業務紹介

用地測量

用地測量は一般的に、発注者によって事業の実施計画が決定され、管理又は取得すべき用地の範囲が確定された後に行われる、土地や建物の調査及び測量のことをいいます。 工程としては、法務局等調査・境界確認・境界測量・面積計算・図面作成があります。

当社では、様々な業務に対して豊富な実績と軽快なフットワークを生かし、お客様のご要望にお応えしております。


1.計画・準備

工程表の作成、資料収集の準備等をします。


2.資料調査

法務局等調査は測量を実施する地区を管轄する法務局等で公図、地籍測量図及び権利者の調査を行います。
公共団体が保有している査定資料などの調査をします。


3.境界確認

現地において転写図、土地調査表に基づき、関係権利者立会いのうえ境界点を確認し、所定の標杭を設置していきます。

境界確認



4.境界測量

基準点を基に放射法により設置した標杭を観測し、境界点の座標成果を算出します。

境界測量1 境界測量2



5.境界点間測量

用地境界杭が許容範囲内に埋設されているか、廻り間を測定し精度管理表を作成します。


6.面積計算

境界測量より得た座標値を座標法又は数値三斜法により一筆地の面積を調整していきます。


7.成果物作成

計算で算出した成果を帳票出力したり、承諾書などをまとめて成果簿を作成します。
用地実測図、用地平面図等の図面を作成します。


成果物作成 用地実測図



一つ前に戻る | 上に戻る


ホーム  |  業務紹介  |   取扱製品  |  会社概要  |   事業所一覧  |  採用情報  |   お問い合わせ
プライバシーポリシー  |   個人情報に関する公表事項  |   暴力団等反社会的勢力への対応について
Copyright© 2001-2018 GIS-KANTO Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.